前へ
次へ

医療従事者として考えることについて

医療従事者としての薬剤師に対する注目は高まっています。
薬剤師として製薬会社に勤務する際には、創薬をすることもありますし、MRの職に就く場合もあります。
MRは自社の薬を病院関係者に知ってもらう役割があります。
また、薬の副作用に関する情報を医療関係者から得る役割もあります。
副作用などの情報を自社に持ち帰って、研究開発担当者へフィードバックする役割もあります。
MRの魅力として、製薬会社と病院関係者をつなぐことがあります。
担当する病院や医院に訪問して、自社製品の説明をして医師や医薬品卸の担当者たちと信頼関係を築くことは大切です。
医師とのコネクションを築くと、将来、調剤薬局の開業が有利になることもあります。
MR経験者の薬局経営者は多いです。
医療従事者としてのキャリア形成は人それぞれです。
自分に合うキャリア形成について考えるのは大切です。
上手くキャリア形成をイメージするのが、理想の勤務先を見つけることに繋がります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top